定期保険の保険期間の選び方は?
(10年更新型か、それとも長期?)
30歳前後の方が、子育て期間、あるいは現役で仕事をする期間の死亡保障を確保するために、定期保険に加入することを検討しています。 典型的な定期保険の加入方法としては、図1のように保険期間を10年として、10年ごとに契約を更新していく方法、あるいは図2のように保険期間を60歳までとし最初からより長期の定期保険に加入してしまう方法などがあります。 一体どちらが良いのでしょうか?

定期保険:10年更新タイプの例
図1 定期保険:保険期間・保険料払込期間 10年更新タイプの例 (初回の契約年齢30歳、男性)

(注1) 保険料は「アクサダイレクトの定期保険2」の場合を例示
更新後の保険料は、更新時の年齢・保険料率により新たに計算され適用されます。
(注2) 保険会社が定める上限の年齢まで、自動更新して保障を継続することが可能です。



定期保険:保険期間60歳までの例
図2 定期保険:保険期間・保険料払込期間 60歳までの例 (契約年齢30歳、男性)

(注) 保険料はアクサダイレクト生命の「アクサダイレクトの定期保険2」の場合を例示



ここでは、具体的な保険料を比較して検討したいと思います。 表1はインターネット専業生命保険会社である「アクサダイレクトの定期保険2」に30歳男性の方が10年更新タイプおよび保険期間60歳までの契約に加入した例を示しています。

「アクサダイレクトの定期保険2」は、申込手続きをインターネットに限定しコストを抑えた分保険料をお手ごろにしていることが特徴です。


表1 30歳男性の定期保険: 10年更新タイプと60歳満了タイプの比較
ネット専用保険である「アクサダイレクトの定期保険2」を例に検討します。
(他社の保険では事情が異なることもありますのでご注意ください)。

【契約例】
「アクサダイレクトの定期保険2」
死亡保険金額: 1,000万円
新規加入時の契約年齢 30歳(男性)

30歳男性の定期保険: 10年更新タイプと60歳満了タイプの比較

「アクサダイレクトの定期保険2」の特徴と留意点
★1: 自動更新の場合は、被保険者のご健康状態によらず更新が可能です。
★2: 更新後の保険料は、更新時の年齢・保険料率により新たに計算され適用されます。上記保険料は、2017年5月1日時点適用される保険料率に基づき算出していますので、将来適用される保険料は変更される場合があります。
★3: 年齢満了タイプの場合、更新のお取扱いはありません。


表1において、10年更新タイプの保険料は当初割安ですが、10年ごとの更新のたびに保険料が上がり、50歳からの保険料は当初の4倍以上となります。加齢とともに死亡率が上昇するので当然といえば当然です。 それに対し、保険期間を60歳までとした場合は、当初は割高に見えますが、60歳満了まで保険料は変わりませんので、60歳までに支払う保険料の総額で比較すると、10年更新タイプよりおよそ20%割安という結果となっています。したがって、60歳まで保障を継続することを前提とすると、払込保険料総額で評価すれば、10年更新タイプより保険期間60歳までとしたほうが経済的に有利といえます。

ただし、30歳の方が保険期間を60歳までを選択するということは、30年という長期になりますから、もしかすると、途中で万一のことが起こってしまうかもしれませんし、何らかの情勢変化により保険契約を解約したり減額したりするケースがあるかも知れません。ここではやむを得ず中途解約という場合も検討しておくことにします。

将来、死亡保障を減額する可能性がある状況の変化を考えてみると、
 ◆ 住宅を購入するので、団体信用生命に加入することになった。
 ◆ 子供が社会人になって独立した。
 ◆ 勤続年数の増加とともに勤務先の死亡退職金の金額が上がった。
 ◆ 勤務先を早期退職してまとまった退職金を得た。
 ◆ 親の資産を相続した。
というように状況変化はいろいろありそうです。

表1によれば、10年更新タイプの保険料累計が保険期間60歳の契約のそれを上回るのは、55歳を超えてからです。 単純に支払い保険料累計額だけを比較すれば、保険料累計が逆転する50歳代前半以前に契約を解約することになった場合は10年更新タイプのほうが良かったということになりそうです。


 「アクサダイレクトの定期保険2」の詳しい内容はこちらへ


【ご注意事項】
保険商品の詳細につきましては、「重要事項説明書/ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
アクサダイレクト生命では、ご契約者さまと被保険者さまが同一のご契約のみお取扱いしています。
既往症(過去の病気)や健康状態および職業、既契約状況などによっては、ご契約のお引き受けを制限させていただく場合がございます。また、ご加入時の被保険者の年齢によっては、入院給付日額等に制限がございますので、あらかじめご了承ください。
保険契約者、被保険者または保険金受取人(以下「保険契約者等」といいます)が暴力団関係者やその他の反社会的勢力に該当する場合、お申込みいただくことはできません。また、お申込み後に保険契約者等がこれらの反社会的勢力に該当した場合、保険契約は解除されます。
このページに記載の保険料は2017年5月1日現在適用する保険料です。
アクサダイレクト生命の募集代理店(生命保険募集人)は、お客様とアクサダイレクト生命の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。したがいまして、保険契約は、お客様からの保険契約のお申込みに対してアクサダイレクト生命が承諾したときに有効に成立します。
生命保険の募集は、保険業法に基づき登録された生命保険募集人のみが行うことができますので、生命保険募集人の権限などに関しましてご確認をご希望の場合には、アクサダイレクト生命カスタマーサービスセンターへお問合せください。
アクサダイレクト生命の募集代理店及び当該代理店の特定関係法人の役職員の方は、当該代理店でお申込みいただくことはできません(医療保険・がん保険を除く)。
特定関係法人とは、出資関係や人的関係等により募集代理店と密接な関係がある法人を指し、当該法人に勤務する役職員に対して募集代理店が保険募集を行うことは法令により禁止されております。



株式会社ベネフィットコモンズ
フリーダイヤル 0120-55-0178
〒224-0025 横浜市都筑区早渕3-34-41-202
メール
※JavaScriptが無効になっているとメールが表示されません。

アクサダイレクト生命保険株式会社

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-3-4 KDX麹町ビル8F
Tel : 0120-953-831
受付時間 月〜金 9:00〜21:00 / 土・日・祝日 9:00〜17:00
年末年始のアクサダイレクト生命休業日を除く
http://www.axa-direct-life.co.jp

AXA-083-175-012





《広告》
アクサダイレクトの定期保険2
アクサダイレクトの定期保険2