子供が独立するまでは父親として 
必要な死亡保障を確保したいが・・・
教育費・養育費があといくら必要かを見積もると、年々必要保障額は減っていきます。

お子様が社会人になるまでの残る養育期間は、年月の経過とともに短くなりますので、その分、将来必要な養育資金も減少していきます。 したがって、お子様の養育費・教育費確保を主たる保障目的とする場合、お父様の生命保険に関しては、死亡保険金額も毎年減らしてよいといえます。 死亡保障が逓減(だんだん減少)する保険を活用することにより、無駄の少ない保障の形を実現でき、保険料の節約につなげることが可能です。

具体的な保障額や期間の設定には、公的保障(遺族基礎年金、遺族厚生年金など)も考慮する必要があります。
詳細は以下のページをご覧ください。

賢い保険の入り方 ⇔ 生命保険の合理的な形

必要保障額シミュレーション(遺族年金情報もあります)


《広告》
アクサダイレクト生命
「 アクサダイレクトの収入保障2」